逃げ恥【新作感想】待ちに待った続編!新垣結衣と星野源の二人が可愛くてムズキュンするスペシャルドラマ!ガンバレ人類!新春スペシャル!!ストーリー&ネタバレ!

※2021年1月2日

新垣結衣さんと星野源が社会現象を起こしたドラマが3年ぶりにスペシャルドラマとなって帰ってきた。続編を楽しみにしていたのでテンションが高まります。『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』でもその思い切りの良さを魅せてくれています。

ドラマのあらすじ感想については、下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。
逃げ恥【全話感想】続編も期待される新垣結衣と星野源が二人とも可愛くてムズキュンするドラマ!ストーリー&ネタバレ!

逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!

あらすじ

家庭という仕事場の「共同経営者」である森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(星野 源)。共働きとなり、2人に最適な家事の分担も出来て、平和で幸せな日々を過ごしていた。

女子社員の「出産の順番待ち」、みくりの会社ではそんな話題も出ていた。そんな中、みくりの妊娠が発覚。2人はついに正式に結婚をすることになるが、入籍をめぐってひと悶着が。さらに、つわりで苦しむみくりを前に混乱する平匡は、「泣きたいのはこっち」と弱音を吐く始末。大切なプロジェクトを前に育休を取ることを決める平匡だったが、そんな窮地を支えてくれたのは昔の同僚である沼田(古田新太)たちだった——。

家事の役割分担など暮らしの再構築を目指すが、出産、育児と慣れない出来事の連続に翻弄されていくみくりと平匡。一方、百合ちゃん(石田 ゆり子)も人生の大きな転機を迎えていた・・・。

そして、“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離ればなれの日々を過ごすことに・・・。

2人は再び“ハグの日”を取り戻すことは出来るのか——。
「結婚」に対する価値観が変化し、結婚をしないという選択が当たり前になった昨今、「仕事としての結婚」という、なんとも新しい物語。果たして二人の結婚生活はうまくいくのか。
新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする社会派ラブコメディで見る人に元気をお届けします!!

出典:公式HP

感想

みくり(新垣結衣)の新元号令和の発表パロディから始まりました。
当然、みくりの夢落ちからスタートします。
逃げ恥は、いろんなパロディネタを入れてくるのが楽しみの一つになります。
並行して土屋百合(石田ゆり子)の子宮がんが発覚して病気の葛藤が描かれています。
また、後半では新型コロナウイルスの生活について触れています。

最近、眠い話になって、みくりの妊娠疑惑に発展になり、みくりが妊娠していることからストーリーが始まっていきます。
今回のストーリーは、子供ができて出産して親になるまでの夫婦を描いたストーリーになっています。
今後、親になっていく人たちは、見てほしいドラマですね。

今回の新垣結衣さん演じる森山津崎みくりが、言った心に刺さったポイントをまとめてみました。

  • 「親になるのも私は初めてですよ。手伝うって他人事ですか」平匡が良かれと思って言ったセリフにみくりが返します。
    (子供を出産することは、母親しかできませんが親になるのは二人同時になります。そのため一緒に手探りで進んでいくしかないですね。
    このセリフは、胸に刺さりました。)
  • 「食べたーい」つわりがきて、なかなかご飯が食べれないときに田中安恵(真野恵里菜)がマックのポテトを差し入れで持ってきた時のセリフです。
  • 「足をつってもひとり」「尿がもれてもひとり」作・津崎みくりつわりがひどいときのみつりのセリフです。出産する大変さがわかるものです。

今回の星野源さん演じる津崎平匡が、言った心に刺さったポイントをまとめてみました。

         

  • 「グレープフルーツゼリーありますか?」
  • つわりがひどいみくりがご飯を食べれない中、グレープフルーツぜりーなら食べれるとのことでいろんなコンビニなどを駆け回ります。体調が悪いみくりの為に駆け巡る平匡が愛くるしいです。

  • 「そもそも休みをとれないことがおかしいことじゃないんでしょうか。」
  • 育休を1ヵ月を申請したときに課長に取りすぎと注意された時の返答です。うちの会社もこの言葉に耳を傾けるべきですね!

  • 「逃げるは恥だが役に立つ」
  • 破水したみくりに麻酔が効いていた時にらくしようっていったセリフです。
    タイトルの回収ですね。

まとめの感想

子供を産むこと親になることの大変さがわかるストーリーでした。
また、新型コロナウイルスの生活についても取り入れていました。
新婚生活、育児、新型コロナの対応など多くの人に共感を得られるストーリーだったと思います。

スペシャルドラマを見た感想をまとめていきたいと思います。

初めての妊娠は、知らないことや体調不良などわからないことが多くうまくいかないことが多いです。
そのため、お互いに言いたいことを言えないので、ストレスが溜まっていきます。
その葛藤をうまいことリアルにドラマに落とし込んでいました。
子作りをしている夫婦は、見てほしいですね。
お互いに言いたいことを言える夫婦関係を築けることの大切さがわかりました。

また、男が育休を取りづらい社会状況についても触れていました。
男が育休を取りやすい社会、そして育休に入る人を支えれる会社のバックアップ体制など社会の問題についても触れていました。

多くの問題を夫婦で乗り越えながら長女の「亜江(あこう)」が産まれました。

しかし、産まれてすぐに新型コロナが流行り平匡は、みくりとあこうの安全を守るために実家に帰省させます。
最愛の妻と新たな家族と離れ離れになってしまいます。

新型コロナウイルスで移動の自粛で平匡のように家族と離れ離れになっている人も多かったと思います。
新型コロナで変わっていく社会生活についてもリアルに触れていました。

未知のウイルスとの戦いは、多くのデマ情報や誹謗中傷など心が荒んでしまうことも多いです。
しかし、平匡はあこうの笑顔をみて「大丈夫、乗り切れる」と勇気をもらえます。

どんなに離れ離れになっていても「必ず、生きていればまた会える」と平匡とみくりは考えます。
新型コロナウイルスのために多くの俳優を含め自ら命を絶つニュースが多いですが、この言葉については胸に刺さるメッセージを感じました。

最後に平匡とみくりそして亜江と再開できます。

新型コロナウイルスが流行って嫌なニュースが多いと思います。
しかし、生きていれば必ず生きてよかったと思えることに出会えます。

「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」は、困難なことがあっても夫婦や大切な仲間がいれば乗り越えることができるとわかるドラマと感じました。

エンディングの恋ダンスは、亜江ちゃんも入っている新作でした。
やっぱり恋ダンスは、かわいいですね。